病気や口臭を予防するために

>

口内の病気を防ごう

フッ素が含まれること

歯医者のお世話にならないように、普段から念入りに歯磨きを行ってください。
しかし歯磨きだけでは、まだ足りません。
磨き残しや、除去できていない虫歯菌が口内に存在しているので口腔洗浄液を使いましょう。
こちらも、ブラッシングした後で使うのが正しい順番になります。
虫歯予防に効果を発揮したいなら、フッ素が含まれていることを確認しましょう。

フッ素という成分で歯をコーティングすることで、汚れが付きにくくなります。
また口腔洗浄液で口をゆすいだ後は、水でうがいをしないでください。
口内に違和感を抱いて、うがいをしたくなる気持ちはわかります。
ですがせっかくのコーティングが剥がれてしまうので、そのままの状態を維持しましょう。

適量を守るように

口腔洗浄液は、液体歯磨きやマウスウォッシュという名前で販売されていることがあります。
それでも効果は同じで虫歯予防に使えるので、名称が違っていても気にしないでください。
虫歯を予防するためには、適量を使うことです。
製品によってポンプを2回プッシュしたり、蓋の線が引かれているところまで出したりと使い方が変わります。

それより少ないと効果を発揮できませんし、多いと口内の必要な菌まで除去してしまいます。
口内を守るために、必要な菌は残してください。
ですから、使用する前に適量を確認しましょう。
また口腔洗浄液を使ったら、飲食物を摂取しないことを守ってください。
喉が乾いた時は、水か糖分の含まれないお茶やコーヒーなら大丈夫です。


この記事をシェアする

トップへもどる